米沢旅行記「語り部の館と昔体験」

米沢旅行記「語り部の館と昔体験」

厳しい寒さも乗り越え、山形も桜が咲く春がやってきました!!
米沢旅行記、前回は夕鶴の里資料館についてご紹介しました。今回はそのお隣にある夕鶴の里語り部の館についてご紹介します!
夕鶴の里資料館では米沢に昔から伝わる民話があり、浄瑠璃人形を用いた映画を見ることができましたね。

今回ご紹介する夕鶴の里語り部の館は「民話の伝承館」です。
平成3年に民話が好きな地元の方々が集まって「民話会ゆうづる」が結成され、現在では男性1名、女性14名の15名が様々な民話を口演してくれます!
ここでは、米沢の民話を地元の言葉で地元の方から聞くことができます!
日本昔ばなしで有名な「鶴の恩返し」から「日様とお月様と雷様」や「こんにゃく問答」、「へらへらのへら」など日本人でさえ知らないような地方の民話までたくさんの種類を聞30分聞くことが出来ます!!
この語り部の館には中国やインドネシアなどから団体で訪れるお客様もいるそうです!
日本の昔話や民話に興味がある方是非「夕鶴の里語り部の館」に訪れて見てください!!

さらに、この夕鶴の里では「機織り体験」や「そば打ち」体験もできます!
機織り体験では10〜15分でコースターを織ります!自分だけのコースターを作って見てはいかがですか??
そば打ちで体験では香り豊かなお蕎麦を講師の方と一緒にそば粉と強力粉からつくります!お蕎麦が有名な山形で1からお蕎麦を作りませんか?自分で作ったお蕎麦は絶品ですよ!

【料金】

語り部の館(入館料)
おとな:320円 子ども:100円
機織り体験:入館料+500円 そば打ち体験:入館料+1000円
夕鶴の里の地図はこちら

34 views

Comment On Facebook