街なかで楽しむ!山形の「ひなまつり」

街なかで楽しむ!山形の「ひなまつり」

「ひなまつり」って…?

 日本では、女の子の健やかな成長を祈る年中行事、「ひなまつり」は、「桃の節句」とも呼ばれ、ひな人形や桃の花を飾って楽しみます。ひな人形は、子どもの災難を身代わりとして引き受けてくれます。

ひなまつり1

「城下町やまがた雛まつり」

 山形市の七日町商店街では、2月中旬から3月中旬にかけて、「―街なかを歩いて、雛めぐり。―城下町やまがた雛まつり」が催されます。今年で7回目のこのイベントは、商店街の各施設で、時代を超えて受け継がれてきた「時代雛」の展示や雛にちなんだ体験教室を行っています。

ひなまつり2

今年のコンテンツ

 2017年の「城下町やまがた雛まつり」は、5か所での時代雛の展示に加え、12種類の体験教室が用意されています。
 *イベント参加施設(2017 Ver.)
山形まるごと館紅の蔵
山形まなび館   
八文字屋本店2階  
山形グランドホテル
水の町屋 七日町御殿関
山形市中央公民館

ひなまつり3

こっちにも、あっちにも!

 山形駅から歩くこと10分の七日町商店街では、通りやお店の中など、至る所につるし雛が飾られています。「城下町やまがた雛まつり」参加施設に加え、『アズ七日町』や『セブンプラザ』などにも雛に出会うことができます。
 『八文字屋本店』では、ひなまつりをテーマにした手ぬぐいなども販売しており、買い物も楽しめます。
 商店街で、いろいろな表情の雛を探しに行ってみませんか?思わず買いたくなるような、すてきな商品にも巡り合うかも…?!

ひなまつり4

詳細情報
七日町ほっとなる通信」(山形の中心街のイベントなど各種情報を発信しています)
http://www.nanokamachi.com/

28 views

Comment On Facebook