今最先端の新素材!宮城・白石の『TBM』に宮城大学生が取材してきました。

今最先端の新素材!宮城・白石の『TBM』に宮城大学生が取材してきました。

“Time Bridge Management” 100年後も仕事ができるように

願いを込められ名前を付けられた企業「株式会社TBM」の第一プラントが宮城県白石市にあります。
今や世界各国が注目し、多くの視察団が訪れるという「株式会社TBM」はどんな会社なのか?
宮城大学事業構想学群の2年生2人が、独自の目線で取材させていただきました。

自己紹介

私達の所属している宮城大学の「事業構想学群」とは…
・新たなビジネスモデルを構築・運営する能力をもつ人間を育成することを目的とした「事業プランニング学類」
・現代社会の諸問題を分析・地域資源を活用して新たな地域を創生する能力をもつ人間を育成することを目的とした「地域創生学類」
・人間の感性、地域資源に応じた新しい価値を創造できる能力をもつ人間を育成することを目的とした「価値創造デザイン学類」
の3つの学類(学科)が合わさっている学群(学部)です。

どの学類も手段は違えどProject(事業)をDesign(構想)することを目的に学修をしています。

そんな私達はそれぞれ「地域創生学類」と「価値創造デザイン学類」の生徒です。
今回の取材では、「『株式会社TBM』を自分達の学類学群からの視点で取材をする」というテーマで、挑みました。

株式会社TBMって?

株式会社TBMは「LIMEX」と呼ばれる石灰石を主原料とした紙やプラスチックの代替となるものの開発・製造・販売を主に行っている企業です。

LIMEXを簡単に説明すると
・約50%が、安価で地球上にも豊富にある石灰石でできている
・紙をつくるよりも水を削減して製造することができる
・LIMEXのみ回収すればリサイクル可能である
・エコロジー(環境にやさしい)かつエコノミー(経済的)を目指している
などの特徴をもつ素材です。

大きなガラス張りの綺麗なエントランスから始まるこの建物は、有名な建築家・隈研吾氏の設計によるもの。
イタリア製特注のガラスだそうで、ふとした時に割ってしまわないかひやひやしているのだとか。
建築デザインの勉強をしている学生にとって、知らない人はいない建築家の名前に思わず興奮してしまいました!!

この日は、工場見学、株式会社TBMやLIMEXについての説明、質疑応答という流れで取材させていただきました。
2017年7月から試験的に稼働しているという工場は企業秘密ということで写真はありませんが、以前は違う工場として使用されていたものを改修したとのことで様々な工夫がありました!

また、実際にLIMEXの製造過程のものや製品なども触らせていただくなど、とても貴重な体験をさせていただきました。

「事業構想学群」の観点でみる株式会社TBM

私達は前述したように、事業構想学群の生徒として気になることをいくつか質問させていただきました。

Q.TBMで働く方の一日の流れを教えてください
白石工場では三交代制(①8:30-17:30,②16:30-1:30,③0:30-9:30)で回しており、完全週休二日制。
出勤後に朝礼を行い、唱和(声を出す)、ラジオ体操、お昼休憩は60分間。
基本的に設備が正常に動いていれば人がいなくても大丈夫であるため、一般的な工場のラインとは違い、お手洗いなどの出入りに比較的制限はありません。
残業もなく、定時で帰宅しています。

Q.「地元の人」と「他県の人」勤めている方はどちらが多いか?
工場設立当初(2017年)はほぼ地元の人だけでしたが、現在工場で働いている58人中10人ほどは白石に移住してきました。
福利厚生もしっかりしており、白石市内に住めば家賃の2/3が支給され、工場から2km以上離れていれば上限月7万までの交通費支給もあります。

Q.白石の魅力ってどんなところ?
工場で勤めている方にヒアリングをしてもらった結果、
・雪は思ってたよりも降らないけど風は強いなど気候に関係したもの
・新幹線停車駅があるからありがたいといった交通に関するもの
・白石名物「うーめん」が思っていたよりもおいしい
などの意見がありました。

Q.求める人材像は?
三交代制のため、具合が悪くなったりしない身体の丈夫な方が理想で、あとは当たり前のことができる人。
そして工場では難しいかもしれないけど、LIMEXはまだまだ改良の余地があるため「夢と希望」をもった人がいい!!と採用担当の方はおっしゃっていました。

Q.なぜ宮城の白石と多賀城(2020年冬第2プラント完成予定)に工場を?
株式会社TBMの取締役社長の山崎氏は大阪府岸和田出身で「阪神・淡路大震災」を経験しています。
工場を建設するにあたり、東日本大震災を経験した宮城県でなにかできないか?と考え白石に第1プラントを建設。
また、白石を英語で読むと「ホワイトストーン」だから石灰石!なんてお話も聞くことができました。

まとめ

白石市に最先端の新素材を製造する工場があることを初めて知り、とても驚きました。
世界各国から注目されている新素材「LIMEX」
海外から見学に来日される方も多いらしく、「白石市の外国人来訪者数に貢献してます」と冗談めかしておっしゃった工場長をはじめ、社員の方々からも笑顔が満ち溢れていて、建物はとてもスタイリッシュでかっこよかったけれど、どこかアットホームで暖かな空間がそこにはありました。
この記事を通じて「株式会社TBM」のこと、そこから「白石で生活するうえでの魅力」を知ってもらえたら幸いです!

—Information—
株式会社TBM
本社:東京都中央区銀座2-7-17-6F
国内第一プラント:宮城県白石市大鷹沢三沢字前輪55
https://tb-m.com/limex/

381 views

Comment On Facebook