日本人にとっての観光の聖地 会津の温泉旅館に行ってみました!

日本人にとっての観光の聖地 会津の温泉旅館に行ってみました!

東日本在住の日本人であれば誰もが修学旅行で訪れる定番観光地の「会津」へ行ってまいりました。会津には桜100選に選ばれている「鶴ヶ城公園」があり、福島県は温泉地数も東北6県の中でも一番多くの温泉を保有している温泉県であり、日本的町並み、旅館、日本の歴史、お酒、雪など、外国人にとって人気の高い良質なコンテンツを持っております。今回取材したのはそんな会津にある東山温泉「芦名」という由緒ある旅館です。
mongamaen

感動レベルのスタッフ対応力

早速ですが旅館スタッフの暖かいおもてなしに感動しました。玄関を入ると、スタッフの方が丁寧にお出迎えていただき、チェックインをしている最中にはお茶がサーブされました。お部屋まで案内・施設の説明などを事細かにしてもらいました。外国人向けに言語学習をしており、これからのインバウンド需要をにらんでしっかりと学習していると、若女将の南部瑞季(Aki Nanbu)さんはお話してくれました。Free Wi-Fiもあり外国人にとっては助かりますね。

staff_n

温泉は100%源泉かけ流し・24時間入浴可能

「温泉」になりますが、地名が東山温泉という名の通り、芦名はその源泉を惜しむことなく100%かけ流し、24時間入ることができる贅沢で日本でも珍しいタイプの温泉です。広さこそないですが、露天風呂、内風呂の2種類のお風呂があり、至福のひと時を味わうことができます。

onsen_n

ここでしか体験できない囲炉裏を囲んだ食事

食事に関しては本当に申し分ないです。特別な体験として、囲炉裏を囲んでの食事になります。今まで経験したことのないため驚きを覚えました。極力多くの食事を地のもの・旬のものを使い仕入れをしており、魚などは釣り人に釣ってきてもらったもの・野菜は自家栽培したものを使っており、それらを囲炉裏で焼き・見て楽しむということも印象的でした。お酒は首都圏では入手困難な地元の地酒を飲むことができます。日本酒が苦手な方にも赤ワインを豊富に取り揃えており、日本食とのマリアージュが個人的には最高でした。また、気配りのパートとして、会津といえば「桜肉」=馬刺しなのですが、多くの外国では馬を食べる文化がないため、ここは配慮をして予めヒアリングを行うことに気をつけているようです。本当に素晴らしい対応ですね。

foodaidu

まとめ

東山温泉「芦名」はインバウンドのお客様を快く迎えていただける魅力溢れる温泉旅館です。まだ外国人観光客が多く訪れていない通のみが知るこの旅館を是非一度宿泊してみてはいかがでしょうか?

基本情報(English)

94 views

Comment On Facebook