釜石の復興を世界へ!ラグビーPNC2019観戦記録

釜石の復興を世界へ!ラグビーPNC2019観戦記録

来たるラグビーワールドカップに向け、世界から注目を受けている岩手県(釜石市で試合を開催)。
試合前後は国内外からラグビー愛好家が集まり、岩手県全体が盛り上がることが予想され、今からワクワクが止まりません!

tohoku365では、ラグビーワールドカップを応援するため、全4編の応援企画を実施します。

ラグビーワールドカップ応援 岩手特集!
今回は第1弾、ラグビーワールドカップの前哨戦、「ワールドラグビーパシフィック・ネーションズカップ」を観戦してきました!!
いよいよ2019年9月から開催されるラグビーワールドカップ(RWC)2019日本大会。
9月から11月にかけて44日間、全国12会場で、48試合が行われます。

そのワールドカップの前哨戦となる重要な大会が、「ワールドラグビーパシフィック・ネーションズカップ(PNC)2019」です。

ワールドカップで東北唯一の試合開場である「岩手県釜石鵜住居復興スタジアム」では、7月27日(土)、PNC2019 日本 vs フィジー戦が行われました。
結果は34-21で日本の快勝。RWCに向けても気合が高まりますよね!

今回はPNC2019 日本 vs フィジー戦を観戦してきた模様を、釜石市のラグビーの歴史や、想いの詰まったスタジアム「釜石鵜住居復興スタジアム」の紹介と合わせてお伝えします!

岩手県 釜石市はラグビー熱がすごい!


1979年から1985年にかけ、全日本ラグビーフットボール選手権で前人未踏の7連覇を達成し、日本のラグビーの歴史を作った「新日鉄釜石ラグビー部」。
「北の鉄人」の愛称で親しまれた「新日鉄釜石ラグビー部」の誇りを受け継いだのが、2001年4月に始動した「釜石シーウェイブスRFC」です。
釜石市にはアグレッシブなラグビーファンが多く、2019年9月に開催されるラグビーワールドカップ日本大会を今か今かと待ち望んでいます!

世界へ感謝と復興を発信。「釜石鵜住居復興スタジアム」


※釜石鵜住居復興スタジアムオープニングDAYの「キックオフ宣言」の様子

岩手県釜石市は、2011年3月、東日本大震災で被災した地域のひとつです。

大震災の津波の際、率先して津波から逃げて助かったことで、鵜住居小学校・釜石東中学校の児童・生徒たちの避難行動は広く世界中に紹介されました。
その小中学校跡地に、今回のラグビーワールドカップ2019会場のひとつである「釜石鵜住居復興スタジアム」は建設されました。

震災からの新たな船出をイメージして造られたスタジアムは、市民の夢と希望と勇気を乗せ、感謝の心で日本中・世界中の皆様をお迎えします。

いよいよ試合観戦!ラグビーPNC JAPANvsFIJI


会場に向かうまでの道のりからすでに熱気が伝わってきます。

両国の国家斉唱、そして気合の入ったフィジーのハカ「シビ」も見られて、会場は大興奮!
いよいよキックオフです。

日本が先制トライ


先制したのは日本。
会場全体が赤い応援フラッグで染まり、ものすごい熱気に包まれます!

襲い掛かる敵からのタックルをかわして駆け抜ける姿は、最高にかっこいいですよね。
じわじわ攻めていったトライ間際の攻防戦も激熱です!

思わず「わあ~!」と声を出してしまうほど大興奮でした。

結果は34-21で日本の快勝でした。
ラグビー観戦は初心者だった筆者ですが、すこしラグビーのルールを予習していっただけでも大興奮で十分楽しめました。
電光掲示板でその都度反則などの説明が入るので、わかりやすく観戦できますよ。

information
住所
〒026-0301 岩手県釜石市鵜住居町第18地割5−1
TEL
0193-27-8420
WEBサイト
釜石鵜住居復興スタジアム:https://kamaishi-stadium.jp/
     ラグビーワールドカップ2019公式サイト: https://www.rugbyworldcup.com/

「復興への想いも感じてほしい」釜石シーウェイブス 中野裕太主将


今回は特別に、釜石シーウェイブスの主将 中野裕太選手に、ラグビーワールドカップ2019で釜石市へ訪れる国内外の方へメッセージを伺いました。

「釜石市は、東日本大震災で津波の被害が大きかった地域。その中でもとくに被害が大きかった場所に、この釜石鵜住居復興スタジアムは建っています。
スタジアムの近くには資料館「釜石復興メモリアルパーク」もあります。
さまざまな思いが詰まった釜石鵜住居復興スタジアム、そして釜石復興メモリアルパークへ訪れていただき、復興への想いもぜひ感じてほしい」とお話されていました。

そして釜石市には、おいしい食べ物や自然を感じられる場所も豊富とのこと。
釜石市へ訪れる際は、ラグビーだけでなく、釜石市や岩手県の観光自体もぜひ楽しんでください!

「釜石鵜住居復興スタジアム」試合日程

2019年9月25日(水) 14:15キックオフ(11:45開場) フィジー VS ウルグアイ
2019年10月13日(日) 12:15キックオフ(9:45開場) ナミビア UV カナダ

RWC観戦時の宿泊はグランピングで!

ラグビーワールドカップ開催のタイミングに合わせて、三陸復興国立公園・根浜海岸では期間限定の特別なグランピング体験「wondertrunk experience KAMAISHI」が行われます!
釜石・根浜海岸の緑地に、グランピングテントと地元の海鮮を使ったBBQスタイルで食事を楽しめる空間をご用意。
1日8組限定。地元ならではの特別な体験をお楽しみください!

詳細はこちら:https://www.wondertrunk.co/news/1709/?fbclid=IwAR3vDsUS7d3Zrckel7-V9vnSlgq2BZ5FmiBsL3o32RZiQMT1Njnq-Uu39kg

釜石市へラグビーワールドカップ観戦へ来るなら、ぜひ岩手県観光も満喫したいですよね。
岩手県のおすすめ観光コースについては、こちらの記事をごらんください。

まとめ


2011年3月、東日本大震災で被災した釜石市は今、「世界中へ感謝と復興に取り組む姿を発信したい」、この想いを胸に、ラグビーワールドカップへ向けてますます活気づいています。
ラグビーワールドカップ2019、熱いエネルギーを感じられる釜石鵜住居復興スタジアムで、ぜひ一緒に盛り上がりましょう!

Tohoku365では、ペットボトルやプラスチックコップをできるだけ使わない・捨てないような取り組みを進めております。
今回紹介したスポットを訪れる際は、タンブラーか水筒を持ってお楽しみください。

269 views

Comment On Facebook