”世界一”の日本酒 勝山酒造

”世界一”の日本酒 勝山酒造

1466645825874

東北地方には名酒として名高い日本酒が数多くあります。その1つに、「勝山」があります。
今回はその「勝山」を製造する「勝山酒造」を訪ね、その独特の製法に迫りました。

勝山酒造は江戸時代に創業以来、約300年以上にもわたって宮城の地で日本酒を作ってきた老舗の酒蔵です。
勝山という名前の由来には諸説あり、有力とされるのは、文字通り勝ち星を挙げるという意味からとったという説と、江戸時代、当時流行した「勝山髷」という女性のヘアスタイルからとったという説です。
なにはともあれ、どの時代においてもお酒好きに喜ばれる日本酒、勝山。
長年愛され続ける理由はいったい何なのでしょうか。
特徴を少しまとめてみました!

まとめ1:原材料へのこだわり

日本酒に欠かせないものとして主にお米・お水・麹があります。そして勝山はもちろん地元・仙台の水やお米を使っています。また細かいことは企業秘密となっていますが、独自の酒質設計を持っており、瓶詰めなど工程の時間短縮により、さらにフレッシュな日本酒造りを目指しています。

まとめ2:多様な種類

勝山は精米歩合、絞りは遠心分離機か人の手か、など製法の違いによって細かく分かれています。この違いが、日本酒通の下をうならせます。

まとめ3:世界に認められた味

勝山は日本だけにとどまらず世界にもその味が認められています。なんと、世界一美味しい日本酒を決める「SAKE COMPETITION 2015」で1位を獲得したのが何よりの証明でしょう。
日本国内外でその味と品質を認められた勝山。
東北にお越しの際は、盃を勝山で交わしてみてはいかかでしょうか。
詳細は以下のURLよりご覧いただけます。
勝山のHPはこちら

1466645823600

1466645822297

460 views

Comment On Facebook