攻略記事:ガイド付きで学ぶ原発事故からの再生​~正しい放射線の知識と食の安全を学ぶ旅~​

攻略記事:ガイド付きで学ぶ原発事故からの再生​~正しい放射線の知識と食の安全を学ぶ旅~​

電車とバスでつなぐ「新しい東北」
ガイド付きで学ぶ原発事故からの再生​~正しい放射線の知識と食の安全を学ぶ旅~

ガイド付きで学ぶ原発事故からの再生​~正しい放射線の知識と食の安全を学ぶ旅~は、​原発の被害により、一時村民0人から再生を果たした福島県葛尾村を舞台に、​全行程ガイド付で農作物の収穫から放射線検査まで実際の過程を体験しながら、正しい放射線の知識と食の安全を自ら確認し、原発事故からの再生学ぶ唯一無二のツアーです。​

こんな方へおすすめ!
・家族で自然体験を楽しみたい方
・グループで放射線について学びたい方
・自然豊かな里山で丸一日ゆっくり過ごしたい方

葛尾村中心部の放射線量は、2021年1月1日現在「0.10μSv/h」前後で安定しており、健康に問題が生ずるレベルではありません。
【参考値:平均】東京:0.03μSv/h、京都:0.07μSv/h、ニューヨーク:0.05μSv/h、ロンドン:0.1μSv/h (原子力規制庁参照)

そのほか、放射線量に関してはこちらをご確認ください。
Post 2011.3.11 General Information

ツアー詳細・購入はこちらから

※このツアーは、個人旅行者を対象に、公共交通機関(ローカル電車・バス)を活用し、​「地域の人との交流、自然の雄大さ、食の豊かさ」からDEEPな東北を感じるツアーです。​
※JR-PASS(リンク)と組み合わせての旅行を推奨しています。

ピックアップポイント

復活した農地での農業体験
原発被害により出荷停止が余儀なくされていた葛尾村の農業だが、現在は除染が完了し、復活を遂げている。ツアー内では現地の農業指導者のもと、実際に畑に入り、旬の野菜の収穫体験を行う。
収穫した野菜の放射線検査
この地域の安心・安全を自らの目で見て確認するため、収穫した野菜の検査をその場で実施。​検査をパスした野菜は、その後調理され食べるところまでを1つのパッケージとして提供する。
オプショナルツアー
標高500m、人口400人という建物の光が少なく、空に近い環境でスターウォッチングや焚火体験を行うことができます。​自然の音だけの環境で火を囲むことで、心と体をリフレッシュが可能です。(事前予約必要)​

目次

  1. ガイドと合流(集合場所)
  2. 郡山〜葛尾の移動
  3. コースポイント(石井食堂)
  4. コースポイント(農業体験)
  5. コースポイント(放射線検査)
  6. 宿泊場所(オプションで星空やBBQが可能)
  7. コースポイント(郷土体験)
  8. 葛尾〜郡山の移動

1:ガイドと合流(集合場所)


10:45
旅行当日の集合時間は「10:45(必須)」です。
10:45までに必ず「JR郡山駅2階 郡山市観光案内所前」にお集まりください。
※万が一、間に合わない場合には、旅行者専用チャットで早めにご連絡ください。

集合場所には、ツアーを通してガイドをしてくれる「おもてなし福島通訳ガイドの会」から、専属のガイドがお待ちしております
写真の目印を目指してお集まりください。
集合した後、「ツアー申し込み完了メール」「お名前」を確認させていただき、ツアースタートとなります。

2:郡山〜葛尾の移動


11:00
さぁ、ツアーのスタートです。
まずは、郡山駅から、JR磐越東線(小野新町行き)に乗り、船引駅へ移動します。
JR磐越東線(小野新町行き)は、6番線ホームです。
※JRパスを持っている場合、チケットは必要ありません。改札口にて、JRパスを駅員さんに見せてお通りください。

郡山駅(11:19出発)→船引駅(11:45到着)

JR磐越東線は、郡山駅(内陸部)からいわき駅(沿岸部)をつなぐ、全長約85kmのローカル列車です。
車窓からは、春は桜、秋は稲穂など、山・川・畑といった日本ならではの風景が楽しめます。
また、狭い線路を木々をかき分け、トンネルを抜けて進む場所もあり、先頭車両ではスリリングな景色も楽しめます。

船引駅到着まで約25分。
電車の中では、この度をより良いものにするため、自己紹介やこの旅の目的や福島への思いを話し合います。


11:45
船引駅に到着です。
船引駅では乗り換えまで、約30分の時間があります。

この時間を使い、ガイドからインプットを行います。
・このエリアの震災当時のこと
・このツアーで伝えたいこと、感じてもらいたいこと
・その他ルールやマナーについて
気になることや知りたいことがあれば、なんでもガイドに聞いてみたください。


12:10
時間になったら駅前のバス停へ移動し、バスに乗車します。
(このバスにはトイレがついていないため、乗車前に駅でお済ませください。)


船引駅(12:20出発)→落合・葛尾村(13:11到着)

葛尾村到着まで約50分。
普段は地域住民の生活路線として活用されているバスです。
多くはありませんが、小さな子供やお年寄りが一緒にのることもあり、アットホームな気持ちになれる路線です。
車窓からは、四季折々の日本の風景が次々と飛び込んできます。
外を眺めるもよし、音楽を聴いてリラックスをするもよし、バスに揺られて仮眠をとるもよしです。
おもいおもいにお過ごしください。
※山道を通りますので、車酔いをする方は事前にお薬を服用しておくことをおすすめします。

豆知識

○バスに乗るとき
このバスは後ろのドアから乗車し、Suicaのように乗車口に設置されているカードリーダーにNORUCAをタッチします。
※整理券をお取りいただく必要はありません。
※NORUCAは、整理券を使わずに自動的に運賃を精算する、福島交通オリジナルのICカードです。
使用後は旅のお土産にプレゼントします。
※Suicaは利用出来ません。

○バス乗車中
マナーとして、匂いのでる食事は控えてください。(飲み物はOK)
全てのバスおよび全てのバス停は「禁煙」です。
地域住民も活用するバスなので、携帯電話はマナーモードにし通話は控えてください。また、動画や音楽、ゲームなどを楽しまれる際には、イヤホンを利用ください。
○バスから降りるとき
降車時は、停留所のアナウンスの後に降車お知らせボタンを押して、降りることを運転手さんへお知らせします。
その後、バス前方の降り口付近にあるカードリーダーに、NORUCAをタッチしてください。
(※このツアーでは、ツアー料金にバス代が含まれているため、現金での支払いの必要はありません。)

3:コースポイント(石井食堂)


13:11
葛尾村に到着。
まずは、この地域の名物食堂「石井食堂」でランチタイムです。

この石井食堂の売りは何と言ってもコストパフォーマンス!
人気メニューのチャーハンは、一人で食べきれないほどのボリュームで600円です。
※その他、麺や定食などのメニューも多数あります。(600円〜900円程度)
※ツアー料金に石井食堂での食事代は含まれておりません。各自自由にお楽しみください。

復旧・復興の力の源となっている葛尾村のソウルフードを食べ、まずはこの村の一員になってください。

4:コースポイント(農業体験)


15:00
食後の休憩を挟み、次のアクティビティを行うため、歩いて畑へ向かいます。

葛尾村では、放射能の影響で主幹産業であった農業と畜産業が一時全面ストップとなりましたが、現在では除染が進み、再生を果たしています。
その中の1つの農家へお邪魔し、野菜の収穫体験を通じて地域の方との交流を楽しみます。

広大な自然の中で、土の匂いと旬の野菜に触れ、季節を感じながら非日常的な時間の流れを感じてください。

5:コースポイント(放射線検査)


15:45
次のアクティビティでは、畑で収穫した野菜の放射線検査を行います。
コーディネーターが活動する施設「復興交流館あぜりあ」には、施設内に放射線検査室が併設されており、採ってきた野菜などをすぐに検査することができるようになっています。

具体的には、野菜から出る放射線量を測定する機械を使って、主にセシウムを測定し、安全であることを確かめています。

検査の方法は、
①どこで採取されたか確認する
②検査方法によって、検体をそのまま、もしくはみじん切りにし袋に入れる
③検査機に入れる

その後、野菜であれば30分~1時間、水であれば6時間程度で検査が完了します。
その結果、福島県の基準で25㏃/kg以下であれば出荷できるレベルで、現在、葛尾村で栽培されている野菜はほぼすべて下限値(1~2㏃/kg)未満です。

普段はなかなか経験できない体験ですが、放射線検査の様子を見て説明を聞く体験を通じて、福島の食の安心・安全と放射線に関する正しい知識を学ぶことができます。

6:宿泊場所(オプションで焚火・星空体験やBBQが可能)


16:30
葛尾村では、せせらぎ荘に宿泊します。

緑豊かな空間で自然の音を聴きながら、大浴場や交流スペースでリラックスしてください。
夕食は、山菜やきのこ、豆腐など、この地域で日常的に食べられている食材をメインに、地域のお母さんたちが作った郷土料理を楽しむことができます。


純和風の部屋に布団を敷いて寝ます

館内は落ち着いた雰囲気で統一



また、オプションメニューとして、焚火をしながら星空を見れるナイトコンテンツや地元食材を使ったBBQも選べます。

○焚火・星空体験
標高500m、人口400人という建物の光が少なく、空に近い環境でスターウォッチングや焚火体験を行うことができます。
→ 10,000円(税別)/ 1グループ
※要事前予約:ツアー予約時におしらせください。
※雨天中止:現地にて返金いたします。

○夕食をバーベキューに変更
→ 地元野菜 + 牛肉or豚肉:+2,000円 / 1人
→ 追加 地元産ハーブ鶏:300円 / 100g
→ 追加 地元産サフォーク種ジンギスカン:1,500円 / 100g
※要事前予約:ツアー予約時におしらせください。

7:コースポイント(郷土体験)


2日目の朝はゆっくり、10時にチェックアウト。
歩いてあぜりあへ移動します。
10:30
2日目のアクティビティとして、長年受け継がれている伝統工芸や郷土料理を体験します。
伝統工芸体験、郷土料理体験ともに、地域の方の丁寧な指導のもと、葛尾村に昔から伝わる技術を教えてもらいます。

伝統工芸体験では、自分だけのオリジナル作品を気軽に作ることができ、完成した作品は、お土産としても大人気です。

郷土料理体験では、その場で作って食べるだけでなく、レシピをプレゼントするので、帰ったらぜひ友人や家族に作ってあげてください。

また、空き時間では地域産品を購入できるスペースもありますので、このツアーの思い出・お土産をどうぞ。

8:葛尾〜郡山の移動


11:50
ガイドと旅の思い出を振り返りながら、路線バスで船引駅まで移動します。

船引駅では乗り換えまで、約20分の時間があります。
フリーWi-Fiがあるので、是非このタイミングで写真の整理やSNS・ブログの投稿など、まだ誰も体験したことのないこのツアーを紹介してください。

13:42
JR磐越東線に乗り換え、郡山駅に到着。
ここでツアーは解散となります。

郡山駅からは、東北新幹線を使って、東京や仙台など、次の目的地へ移動することが可能です。
※時期や状況により、時間が変更になる場合がございます。最新の情報は郡山駅にてご確認ください。

東北新幹線:仙台方面
郡山駅(13:59出発)→仙台駅(14:37到着)
東北新幹線:東京方面
郡山駅(14:05出発)→東京駅(15:24到着)

ガイド付きで学ぶ原発事故からの再生​~正しい放射線の知識と食の安全を学ぶ旅~

このツアーでは、葛尾村で丸1日過ごし、地域住民と交流しながら日本の里山での暮らしを疑似体験する中で、福島の現状(正しい放射線の知識と食の安全)を見て、触って、感じて、学ぶことができます。
まだ誰も訪れたことのないこの葛尾村から、福島の現状を身の回りの大切な人たち(家族や友人・知人)から広めていってください。

ツアー詳細・購入はこちらから

722 views

Comment On Facebook