入手困難「へそ大根」の生産体験in宮城県丸森町(筆甫地区)

入手困難「へそ大根」の生産体験in宮城県丸森町(筆甫地区)

本日は、宮城県丸森町、筆甫地区の名産である

「へそ大根」の生産を体験できるということで、早朝から取材に丸森へ向かいました。

16216333_1375640952509605_26062118_n

昨年の12月に収穫した大根を、洗って保存しておき、皮をむいた後2.5cm間隔で輪切りにします。

16237063_1375640965842937_95064665_n

その後、大きな鍋で茹でた後、どんどん竹串に刺していきます。

16237665_1375640949176272_1884230077_n 16237466_1375640935842940_2000596576_n

これを、物干しのように並べ、約1ヶ月間干すことで、飴色の「へそ大根」が完成します。

16176145_1375640972509603_128287890_n

なぜ、へそ大根と呼ばれているかというと、竹串の穴がへそのように見えることから、

そう呼ばれるようになりました。一般的にはしみ大根という名称で呼ばれています。

人気料理漫画の、「美味しんぼ」75巻の話中にへそ大根も取り上げられたことで、

全国的にも知名度の高い名産品となりました。

生産量はそこまで多くないため、流通量が少なく、

町の直売所や一部店舗でしか入手できないことから、

ネットではプレミアプライスで取引がされることもあります。

16215636_1375650502508650_29332055_n

JA仙南の直売所で300円で購入。

へそ大根は、色々な料理に生まれ変わります。

16237709_1375640889176278_171362161_n 16216292_1375640882509612_93739951_n 16215751_1375640929176274_1253013138_n 16237180_1375640879176279_1598576212_n 16237731_1375640892509611_2018537881_n

地元の方々より、とても美味しいへそ大根料理を振舞っていただき、

とても有意義な一日になりました。

一年の一度の体験イベント(大人一名3,500円)なので、

もし来年参加されたい方は、Facebookのこちらをフォローして情報を入手ください。

観光情報:丸森町筆甫地区

23 views

Comment On Facebook