秋田駅で横手やきそばを食べよう!

秋田駅で横手やきそばを食べよう!

近年急激なブームが起こり、日本人なら誰でも知っているというレベルにまで達した、秋田県のスーパーB級グルメ「横手やきそば」。
そんな横手焼きそばが秋田駅内で食べることができるという噂を聞きつけ、秋田に到着して間も無く、そのお店を訪ねることにしました。

秋田駅から徒歩0分の横手やきそばのお店である、「どん扇屋」を紹介させていただきます。

お店はTopicoの3階


噂の横手やきそばのお店「どん扇屋」は、秋田駅直結の「Topico」と呼ばれるビルの3階にあります。
このTopicoの中には、秋田名物の1つである「比内地鶏」のお店も店を構えていました。
またTopicoでは、秋田名物の「きりたんぽ」など様々なお土産品が取り揃えられているので、食後はお土産品散策をするのも良いですね。

どん扇屋

今回の目的地は、この「どん扇屋」です。戦前の1932年に開業された「どん扇屋」は、こだわり尽くされたお肉と玉子に秘伝のたれで、秋田県民のハートを鷲掴みしてきました。

お酒の種類も多様で、秋田県の地酒を多く取り揃えています。お酒好きの筆者には嬉しい限りでしたが、まだ日も高かったので、今回は泣く泣く自粛して横手やきそばを注文しました。

横手やきそば


注文してから待つこと約10分。ついに横手やきそばが運ばれてきました。

玉子の黄身の部分はぷるんとしていて、いまにも崩れてしまいそうです。ここで肝心な横手やきそばの「食べ方」がわからないことに気がついたので、調べてみたところ…

①やきそばの香り堪能する!
②黄身の部分を割る!
③黄身と麺とをからめて食べる!
④他の具材も加えて、味を微妙に変化させながら食べる!

以上のようにするのが良いそうです!

筆者もその手順に沿って食べたところ、しっかりと美味しく食べられたので皆様もお試しください!

肝心の味に関しては、甘めのソースとシャキシャキのキャベツがしっかりとマッチしていて筆者好みの最高のものでした!

やきそば以外にも…

どん扇屋はやきそば以外にも、そばやうどん、丼物や鍋など様々なメニューが用意されているので、やきそばが苦手なお連れの方がいても全く問題ございません。筆者は食後のおやつ代わりに、きりたんぽ田楽を食べました。こちらももちろん絶品でした。

まとめ

今回秋田県を散策した筆者でしたが、これほど立地の良い場所で本格的な横手やきそばをお手軽に食べることができるお店はなかなか見つけられませんでした。
もし秋田市を訪れて、手軽に横手やきそばを食べたいとお考えの際には「どん扇屋」をご利用してみてはいかがでしょうか。

517 views

Comment On Facebook