仙台うみの杜水族館に行ってきた

仙台うみの杜水族館に行ってきた

仙台最大の水族館、「仙台うみの杜水族館」。元々は松島市にあった「マリンピア松島水族館」が、東日本大震災の影響を受けて移転し、昨年7月、リニューアルオープンしました。
この水族館では、宮城の近海の魚や珍しい魚を見ることができることに加えて、直接参加できるイベントを多数開催しています。

今回はそんな「うみの杜水族館」の一部の様子を紹介させていただきます。

ペンギンの空中水槽

14678018_662739713908574_1891169724_o

うみの杜水族館にはペンギンの数は約80羽!様々な角度からペンギンを見ることができ、ペンギンの新しい一面を見ることができます。
「ふれあいタイム」という時間も設けられていて、ペンギンに実際に触ることができます。

パフォーマンス

14697218_662739663908579_819878565_o
マリンピア松島時代からのアシカたち達と八景島シーパラダイスから来たイルカたちによるパフォーマンスや、イロワケイルカの水中パフォーマンスなどが人気です

水槽

14689804_662739630575249_2076737695_o

14697180_662739610575251_2142796464_o

もちろん、水槽の中には面白い魚たちもたくさんいます。
東北のうみ、日本のうみ、海世界のうみなどに展示ブースが分かれており、そのほかにも様々な形の展示があり種類も豊富です。

今回はうみの杜水族館の魅力を一部紹介させていただきました。
仙台の新しい観光地として、チェックしてください。

36 views

Comment On Facebook